KA.U社填词,网配√刀剑√全职√剑三√古剑√盗墓√弹丸论破√,冲田迷妹,都督痴汉,杂食仓鼠一只欢迎投喂。文勿转载谢谢。

【自备份资料】大太刀 大和守安定&短刀 加州清光相关

墓森尊轮:

谷歌搜索tag:大太刀+大和守安定/短刀+加州清光


搜到三把清光,问了下群里的姑娘她只找到第二第三把、没找到过第一把。第一把清光的资料只能找到贴吧的一篇贴子,已经询问元贴楼主是从哪里找到的相关资料,等待回复中。某tag是私心,打我也不撤。


↑楼主回复后会补充。



  • 大太刀 大和守安定




佐太神社所蔵(大阪府守口市)、永井尚庸寛文12年(1672)奉納。大阪府指定文化財 大太刀「大和守安定」


——名刀幻想辞典「大和守安定」词条




大阪府守口市・佐太神社が所蔵する「大和守安定」作の太刀は、当時この地域を治めていた永井尚庸(なおつね)により、寛文12年(1672)に奉納されたものです。大和守安定は切れ味で知られる江戸の刀工ですが、この太刀は非常に長寸であることなどから奉納のための注文製作であることが見て取れるもので、年代や製作背景のわかる貴重な作品です。同時期に製作されたと考えられる、附属の金梨子地糸巻太刀拵と合わせ、展示します。


(内藤直子)


——大阪历史博物馆:常设展:展示更新情报:大太刀「大和守安定」





またカウンターに『大太刀大和守安定は9階です』って案内が出てるー。9階は近世のフロア。近世の大阪の町についていろんな展示があります。住友グループの発端って精銅産業だったんですね。

展示の前後の脈絡なく突然現れる大太刀大和守安定。刀身と拵えが上下に展示されています。拵えが金梨子地できらっきらです。藍色の糸が巻かれていて金色と藍色が美しいです。糸巻太刀拵。刀を作り始めてから奉納されるまで1年半かかったそうで、どうやらこの拵えに時間がかかったそうです。
奉納された佐汰神社は大阪の神社。でも刀工大和守安定は武蔵国の刀工。なぜわざわざ武蔵国の刀工に依頼したのかは解説になかったなあ。河内国だったり大和国だったり武蔵国だったりわけがわからん。
刀身はうちが両腕を広げたぐらい。頑張れば実用できそうな大きさ。茎も柄の深さいっぱいまである。銘がなんて彫られてたか忘れてしまったけど、ちゃんと大和守安定って書いてありました。樋はなくて綺麗な乱刃(湾れ?)でした。
全体的感想は美しい。切れ味で名の知れた刀工だし沖田総司が使っていた刀作った刀工だし正直ごついか地味かと思っていたんですが、そんなところはどこにもありません。まったくもって綺麗な神社の大太刀でした。


——梅まる私人博客2015/06/27大阪历史博物馆repo大太刀大和守安定と骨喰藤四郎(原文还有其他刀剑的repo)








  • 短刀 加州清光




平造り庵栋 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく诘む。地沸微尘につき、细かな地景顕われ淡く映り立つ。刃纹は中直刃、浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口やや沈み心に小沸つく。叶働き、刃縁に细かな金筋频りに络む。仅かに砂流しかかり明るく冴える。黒吕模様涂鞘小刀拵入り。(保存刀剣)
江户末期 长21.4重0.69反0


——百度贴吧kanata吧【短刀】无铭(加州清光)(加贺)
















表 銘:清光 裏 銘: 時 代:江戸前期


刃 長:28、5cm 反 り:0、0cm 目釘穴:1個


元 幅:約27、5mm 元 重:約6、5mm



□解説


古刀期から続く加州清光の新刀と極められた姿の良い短刀で直刃に二重刃、
砂流しかかり 地肌は板目で杢交えまことに美しく目につく疵、欠点は見受けられない。
拵えは現在作であるが 目貫と鞘の色絵は桐でとても趣のある拵え。
時代のある下緒と龍の小柄が華を添えている。内外共に魅力溢れる名短刀也。


——防长古美堂:清光銘拵え入り短刀(新刀加州清光) (商品番号:01-007)














刃長:27.8cm(九寸二分弱)
反り:0cm 
元幅:2.6cm
元重:7mm
目釘穴:1
時代:室町時代末期
産地:加賀国
体配:平造、庵棟
刃文:互ノ目乱れ、足入る
肌:板目肌、地沸え付く
帽子:小丸


——日本刀販売サムライ商会:短刀 清光作(加州・時代室町末期) 









评论
热度 ( 65 )
  1. 花拾叁-复健读条中薪九_补刀狂魔仓鼠九 转载了此文字  到 仓库号

© 薪九_补刀狂魔仓鼠九 | Powered by LOFTER