KA.U社填词,网配√刀剑√全职√剑三√古剑√盗墓√弹丸论破√,冲田迷妹,都督痴汉,杂食仓鼠一只欢迎投喂。文勿转载谢谢。

【刀剑考据】日本著名刀匠及代表作

日本刀の時代区分。


平安時代の中期から桃山時代の末期、慶長元年(一五九六)以前が古刀期。


慶長元年から、江戸時代後期の安永末年(一七八一)までが新刀期。


天明元年(一七八一)から幕末・明治維新までが新々刀期。


古刀期は五か伝と呼ばれ、作刀技術の根本をなす五系統が完成された時期である。五か伝とは、大和国の大和伝、山城国の山城伝、相模国の相州伝、備前国の備前伝、美濃国の備前伝である。これと異なる作風を脇物といい、代表的な物には大原安綱から同田貫一門までと幅広い。


古刀


●大原安綱(平安時代):天下五剣の一振り「童子切安綱」。源頼光が酒呑童子の首を打ったとされる刀。


●三条宗近(平安時代):天下五剣の一振り「三日月宗近」。他に島津家伝来の鷹の巣宗近や岐阜南宮神社に奉納された御剣などがある。


●古備前物(平安時代):「大包平」は童子切安綱と並ぶ名刀の両横綱として有名。


●青江恒次(平安時代):天下五剣の一振り「数珠丸恒次」。


●三池光世(平安時代):天下五剣の一振り「大典太光世」。


●粟田口一門(鎌倉時代):豊臣秀吉の愛刀「一期一振」。


●来一門(鎌倉時代):足利家の秘蔵刀「不動国行」、豊臣秀吉の愛刀「釣鐘切国行」。


●左近国綱(鎌倉時代):天下五剣の一振り「鬼丸国綱」。


●五郎入道正宗(鎌倉時代):知名度の最もある名工。正宗十哲が知られる。来国次、長谷部国重、志津兼氏、金重、郷義弘、則重、直綱、兼光(二代)、長義、左。


●郷義弘(鎌倉時代):秀吉が選んだ日本三名工の一人。


●左近将監長光(鎌倉時代):俗称、備前長船長光。


●志津兼氏(鎌倉時代):包氏の異名。


●左(鎌倉時代):銘を「左」と切ることから左文字の通称で呼ばれる。


●信国(南北朝時代):貞宗三哲の一人。


●長谷川国重(南北朝時代):織田信長の愛刀「へし切長谷部」


●千五村正(室町時代):徳川家に仇をなす妖刀の異名を持つ。


新刀


●埋忠明寿(江戸時代):新刀の祖。


●堀川国広(江戸時代):長曾禰虎徹と並ぶ東西の双璧。


●長曾禰虎徹(江戸時代):堀川国広と並ぶ東西の双璧。


新々刀


●水心子正秀(江戸時代):新々刀の祖。



评论
热度 ( 73 )
  1. 花拾叁-复健读条中薪九_补刀狂魔仓鼠九 转载了此文字  到 仓库号
  2. 水手薪九_补刀狂魔仓鼠九 转载了此文字
  3. 一只肉肉薪九_补刀狂魔仓鼠九 转载了此文字

© 薪九_补刀狂魔仓鼠九 | Powered by LOFTER